4月22日付の中日新聞によると、新東名ができてから5年前と比べて渋滞が9割減ったそうです。新東名。僕が静岡県に戻った時にはもうできていて、沼津に釣りに行くときに長泉の交差点で、あ、高速道路ができてるっなんて思ったものです。東京に住んでいるとそれくらい地方の情報って入ってこなくて、調べれば出てくるんだろうけど調べようとしないのが正しいんだと思う。第2東名の流れでできたんだなーなんて思ったくらいだったけど、実際ここまで渋滞が緩和されたのであれば、ほんとに素晴らしいことだと思う。

五年間の利用台数が約一億四千万台だったと発表した。
引用元:中日新聞

いや、わからないです。多そうなのはわかるけど、多いのか増えたのか減ったのか。どうなんでしょうか。

ありました。交通量の増減。

静岡県内の新東名と東名の交通量の合計は、全日14%、平日12%、休日16%とそ れぞれ増加しました。
引用元:NEXCO中日本

微増とはいえ、増えてる!交通量が増えれば消費は拡大します。いいね!

そして気になる渋滞の部分。

11年の東名御殿場-三ケ日間の渋滞回数が622回だったのに対し、15年は東名同区間が18回、新東名同区間が17回の計35回で約9割減った
引用元:中日新聞

年間600回といえば、3日に5回は渋滞している計算。しかもこれ10km以上の渋滞回数で計算されているそうです。絶対に毎日渋滞していた道が、1か月に1,2回しか渋滞しなくなったということ。これって結構すごいことだと思うんですよ。もともと計画を立てる際にどうゆう試算をしたとか、きっとほかの道路計画にも役に立つはず。ものすごい成功例ですよね。

ちなみになんですが、僕がよく通る伊豆縦貫道もデータがありました。

新東名に接続する伊豆縦貫自動車道において、新東名開通後1年間の交通量は、全日 248百台/日、平日250百台/日、休日242百台/日であり、全日20%、平日 20%、休日21%とそれぞれ増加しました。
引用元:Nexco中日本

伊豆縦貫道よ。実際渋滞しますよねー。しかも渋滞したら降り口もなかなかないから、ありゃりゃこれじゃあ沼津市内を抜けた方が早かったー。とか三島で降りて函南抜けた方がよかったーなんて思うこともしばしば。

とはいえ昔よりは断然早くなったのは事実。

あとは駿河小山ICができるのを祈るのみというやつです。はい。

引用元:中日新聞